日焼けや虫刺されなど、お肌にとって過酷な夏を乗り越えたこの季節のお肌。
夏の疲れが残っているかな、と感じることはありませんか?・・・私はあります!顔の小じわや、ヒジ・ヒザのカサカサ、ゴワゴワが、なかなかマシにならないのです。こういった、お肌のダメージは、蓄積されていくと後々後悔することに・・・(>_<)
本格的な寒さと乾燥にお肌が晒される冬が来る前に、夏のダメージはしっかりケアしておきたいところ。今回は、お顔とボディの乾燥が気になる時のケア方法をご紹介いたします。

乾燥が気になる秋のお肌。パーツ別のケア方法をご紹介いたします。

カラッカラのお肌に潤いを!お顔のパーツ別乾燥ケア

まずは、一番気になるお顔のパーツごとのケア方法をご紹介♪
個人的に、乾燥が気になるパーツばかりです・・・(汗)

目元の乾燥ケア

メイクをする時に、特に気になるのが目元の小じわ。アイシャドウはヨレるし、アイラインはきれいに引けないし、いいことはありませんよね・・・。

目元の乾燥をケアするには、まず化粧水で水分を十分に補うこと。その後、目元専用のクリームをたっぷり塗るのがおすすめです。
また、目が疲れていると周りの血行が滞って、新陳代謝も悪くなってしまいます。濡れタオルを電子レンジで温めてホットアイマスクにしたり、市販のものを活用するなどして、眼球そのもののケアもお忘れなく。

目元の乾燥には、専用のアイクリームがおすすめです。

口の周りの乾燥ケア

口の周りも、乾燥すると目立つ場所。ファンデーションを塗った時に、お肌のカサカサをなぞるように、変な模様が浮き出て、ギョッとしたことはありませんか?
そんなことになる前に、普段からこまめなケアをしておきましょう。口の周りも、目元と同じように、水分+クリームなどの油分が基本です。

化粧水をヒタヒタにしみ込ませたコットンを口の周りに貼ってパックした後、美容クリームなどで保湿します。唇の場合は、リップクリームを厚めに塗った後に、唇の大きさに合わせてカットしたラップを密着させてラップパック(3~5分)をするのがおすすめです。

口元のケアと一緒に、唇のケアも。ラップパックがおすすめです。

頬の乾燥ケア

顔で一番面積が広い頬の乾燥は、皆さんも一度はやったことがある(?)コットンパックで潤いをチャージ!上でもご紹介しましたが、化粧水をヒタヒタしみ込ませたコットンを両頬に密着させます。
大事なのはコットンパックをした後に、クリームなどで忘れずに油分も補うこと!油分でフタをしないと、せっかくチャージした水分が逃げて行ってしまいます。

POINT

お顔のパーツ別の乾燥ケア
・目元
化粧水+目元専用クリーム。ホットアイマスクもおすすめ。
・口の周り
コットンパック+クリーム。唇はラップパックで。
・頬
コットンパック+クリーム。

ガサガサ・ゴワゴワ何とかしたい!ボディのパーツ別乾燥ケア

普段あまり意識することがないヒジやヒザなどの体の各パーツたち。ふと見てみると思っていた以上にガサガサ・・・なんてことはありませんか?(>_<)
気づいた時が始め時!体のパーツたちも、お顔と同じくらい、こまめにケアしていきましょう。

ヒジ&ヒザの乾燥ケア

ガサガサが目立つヒジとヒザ。
まずは、自分のヒジとヒザの状態を観察してみましょう。もし、黒ずんでいるのなら、古い角質の可能性が大。この古い角質が残っていると、いくら水分や油分を上から塗っても、うまく浸透してくれません。
まずはスクラブやピーリングジェルなどを使って、角質ケアを行い、その後でボディー用のローションやクリームを塗りましょう。乾燥がひどい場合は、お風呂上りなどに、唇ケアと同じ要領でラップパックをするのもおすすめです。

ヒジやヒザが黒ずんでいる時には、まず古い角質を落とす角質ケアを。

首の乾燥ケア

顔のケアはしっかりするのに、首だけガサガサ、横じわがくっきりと表れている人は意外と多いもの。意外と忘れがちな首のケアですが、見られる回数は顔とほぼ同じです(多分)。お顔のスキンケアをする時に、首のケアも一緒にやってしまいましょう。
化粧水やクリームを、顔と同じように塗るだけです!その時に、首のツボなどを軽く押すなどしてコリもほぐしてしまいましょう♪

お尻の乾燥ケア

お尻は、下着との摩擦が多いパーツでもあります。お尻と太ももの境目部分、触ると鳥肌のようにボツボツ・ザラザラとしていませんか?もしかしたらそれは、下着のゴムや生地の摩擦による刺激を受けたことで、できてしまったものかもしれません。できてしまったボツボツに痒みなどがない場合は、刺激により分厚くなってしまった角質かもしれません。
角質除去成分を配合したローションで、優しく拭うように拭き取り、その後、お肌の状態に合わせた美容液やクリームを塗る、ということを継続していきましょう。

乾燥ケアにプラスして、できるだけ、刺激の少ない素材の下着を選ぶようにしましょう。ちなみに、シーピースでは、潤い成分を配合した生地を使用したふんどしパンツもありますよ♪

おすすめ
スキンケア加工を施した生地を使用した
Jolie Lapin ジョリーラパン

商品ページはこちら

POINT

ボディのパーツ別の乾燥ケア
・ヒジ&ヒザ
角質ケアの後にボディローション+クリーム
乾燥がひどい場合はラップパック。
・首
顔と同じようにケア
・お尻
必要に応じて角質ケア+クリームなど

一度にご紹介してしまったので、盛りだくさんになってしまいましたが、どこのパーツも基本は、「初めに水分を補い、次に油分を補う」です。そして、もっと大切なのは

!!!!実際にちゃんとやること!!!!

ケア方法を知っていても、やらなかったら意味がありませんよね(>_<)
普段はお仕事やお家の用事などで忙しい方も、ちょっとゆっくりできる休日の前や週末の夜など、ご自分がリラックスできる時にぜひやってみてくださいね♪