いつも私達に快適さと癒しを与えてくれるふんどしパンツ。
以前、「知って納得!ふんどしの歴史」 でふんどしの成り立ちについてご紹介しましたが、最近、「そういえば、ふんどしやふんどしパンツって、どういうお手入れが正しいの?普通に洗濯機に放り込んでるけど、それでいいの?」という、新たなギモンが・・・

というわけで、今さらではありますが、今回はふんどしとふんどしパンツのお手入れ方法についてまとめてみました。さらに後半は、私が極秘に入手した(?)、超おすすめアイテム!ふんどしパンツにも使える素晴らしい洗剤と、それを使ってみた感想もあわせてご紹介したいと思います。

ふんどし&ふんどしパンツは素材によってお手入れ方法が違う

ふんどしとふんどしパンツのお手入れ方法は、素材によって微妙に違いがあります

普通の衣類にも言えることですが、ふんどしとふんどしパンツのお手入れは、素材によって若干の違いがあります。素材別のお手入れ方法を簡単にまとめてみました。

綿素材のふんどし& ふんどしパンツ

綿素材のふんどしやふんどしパンツは、扱いやすく、丈夫なのが特長です。シーピースの商品は、ほとんどが綿素材。普通の下着と同じように、洗濯機での洗濯が可能です(洗濯ネットのご使用をおすすめしています)。[もっこふんどし]など、作りが平面なふんどしはアイロンがけも可能ですが、念のため洗濯表示を確認してから行ってくださいね。

レーヨン素材のふんどし&ふんどしパンツ

なめらかな手触りが気持ち良いレーヨン素材。シーピースでは、[キャンディPlus(フレアタイプ)]のように、綿とレーヨンをミックスした素材も使用しています。軽やかな履き心地が魅力です。洗濯ネットをご使用いただけば普通に洗濯できますが、レーヨンが入っているためアイロンがけにはご注意ください。

着用商品
[キャンディPlus(フレアタイプ)]

商品ページはこちら

シルク素材のふんどし&ふんどしパンツ

シーピースでは取り扱いがありませんが、シルク素材のふんどしパンツというものも出回っています。履き心地は軽く滑らかで、お肌に優しいのが特長です。
ただ、お手入れには少し気配りが必要な場合も。どのようなシルク生地なのかにもよりますが、基本的に手洗いで、おしゃれ着洗い用かシルク専用の洗剤を使用します。直射日光を当てると黄変することがあるため、必ず陰干しで。アイロンは、かけられるものとそうでないものがあるので、確認が必要です。

POINT

・綿素材は洗濯(洗濯ネット推奨)・アイロンが可能。
・レーヨン素材は洗濯は可能だが、アイロンは注意が必要。
・シルク素材はおしゃれ着洗剤やシルク専用洗剤で洗う。直射日光はNG!

どの素材も、洗濯タグを確認してからお手入れを。

ふんどしやふんどしパンツは、毎日素肌に身に着けるものですから、できるだけ清潔に保っておきたいもの。
また、素材に合ったお手入れ方法で丁寧に扱えば、お気に入りが長く楽しめます。

ただ、下着に関しては特に、大切に使っていても予期せぬ汚れに見舞われていしまうことがありますよね・・・次の章では、生理の経血や時間の経過による黄ばみなど、落ちにくい汚れがついてしまった時の心強い味方をご紹介しておきます。

もみ洗い不要のつけおき洗剤「リネンナ」

シーピースで販売しているつけ置き洗剤「リネンナ」は、もみ洗い不要で驚きの洗浄力!

ふんどしパンツのお手入れの一つとして、おすすめしたい洗剤があります。それは、「リネンナ」という、もみ洗い不要のつけ置き洗剤(*´ω`)
シーピースで販売している商品ですが、素晴らしく汚れが落ちるということで、早速使わせていただくことに。

今回は、経血がシミになり洗っても取れなくて、あきらめていた下着(←ふんどしパンツ)があったので、試しにリネンナを使ってみましたよ。

つけおき洗剤「リネンナ」の使い方

リネンナの使い方はとっても簡単!まずは、つけ置き洗いをしたい下着や衣類の洗濯表示を確認します。水洗いができないものや、シルク製品、40℃のお湯が使えない製品には使えませんのでご注意ください。続いて用意するものは以下の通り。

用意するもの

・つけ置きをするためのバケツや洗面器
・お湯(40℃のお湯)
・リネンナ

ちなみに、リネンナは蛍光剤を配合していないので、きなりやベージュの衣類にも使えます。色落ちが心配な場合は、目立たない部分に洗剤をつけて5分ほど置いてテストしてみてください。

ふんどしパンツをつけ置きしてみた

では、実際に私がやってみた方法をご紹介いたします。私が使用したのは、20gの小分けパックです。ちょうどお風呂を沸かしたところだったので、人が入る前のお湯(約40℃)を使いました。使うお湯の量は2Lなので、結構少なめです。リネンナを投入し、よく溶かしてから、つけ置きしたいものを入れます。

ハイ、これで完了!あとは、翌日に普通に洗濯するだけです。

つけ置きの方法

1.バケツや洗面器などに、40℃くらいのお湯とリネンナを分量どおり入れて溶かす。
2.お湯(40℃のお湯)
3.つけ置きした液と一緒に洗濯機で洗う。

つけ置き液に血液汚れなどが多く溶け出している場合は、液は使わず軽く脱水をしてから洗濯します。

時間が経過したシミもすっきりきれいに!

干す時にも、うすうす気づいていましたが、乾いてからはっきりと確信しました。「シミが取れてる・・・!」これは本当に驚きです。これまでのもみ洗いは何だったのか・・・(*´ω`)
もみ洗いしても落ちなかった汚れが、揉んでもいないのにキレイに落ちる不思議。つけ置き方法の手軽さといい、汚れ落ちの良さといい、大満足の使い心地でした。(上の画像は販売ページに掲載している参考画像です)

布ナプキンの汚れは落ちるのか?

今回は、ふんどしパンツに使用した感想でしたが、やはり気になるのは布ナプキンの場合ですよね。
あいにく私は布ナプキンユーザーではありませんが、近いうちに布ナプキンで試したレポートもご紹介できればと思っています。

あっ!もしすでにご使用になられたという方は、布ナプキンユーザーかそうでないかに関わらず、どしどしレビューをお寄せくださいませ!お待ちしております(*´ω`)

着用商品
[【Rinenna】リネンナ 20g]

商品ページはこちら

今回は、ふんどしとふんどしパンツのお手入れ方法、そして、ふんどしパンツのお洗濯におすすめの洗剤をご紹介してみました。シーピースいちおしの「リネンナ」。少しでも気になった方は、ぜひ試してみてください。きっと、「これスゴイ!」ってなりますよ・・!