先日発売した[キャンディPlus(フレアタイプ)]の新色リッチピンク☆彡
鮮やかなピンク色は、見ているだけでもなんだか心がウキウキして、忘れかけていた(?)乙女心を呼び覚ましてくれるようです(*´ω`)

ピンクには、見ているだけでも乙女心をくすぐる不思議なパワーがあります。

それにしても、ただその色を見ただけなのに、気分が明るくなったり、「今日はちょっと可愛いスカート履いてみようかな♪」と思ったりって、不思議じゃありませんか?
なんでも、カラー診断や風水では、色は人の心に影響を与えるパワーがあると言われているのだとか。そして、色によってもそのパワーには違いがあるのだそうです。

というわけで今回は、ピンクという色が持つパワーと、その活用方法についまとめてみました。

ピンクが持つパワーってどんなもの?

ピンクには不思議なパワーがあるということは、何となく感じているけれども、具体的にはどのようなパワーがあるのでしょうか?
まずはピンクが持つパワーについて調べてみました。

幸福感を与え、恋愛関係・人間関係をサポート

ピンクは温かみを感じる「温暖色」で、見る人を優しい気持ちにしてくれる色です。女性の子宮を連想する色とも言われ、母親の愛情に包まれているイメージを連想することから、心を癒してくれる効果があると言われています。愛情を表す色なので、恋愛に限らず、良い人間関係を築くためのサポートをしてくれます。

ピンクは心を癒し、恋愛運をアップさせてくれるパワーがあるそう。

女性らしさを演出

ピンクは、ふんわりとした女性らしさや可愛らしさを演出してくれる色でもあります。ファッション誌などのガーリーなコーディネートには、必ずと言っていいほどピンクが使われていますよね。女性は本能的に、自分を素敵に見せてくれる色を知っているのかもしれません(もちろん、男性でもピンクが好きな方、似合う方は沢山おられますが)。

淡い色は恋愛&美容、濃い色は仕事に効く!

ピンクはまた、色の濃さでもパワーに違いがあるそうです。淡いピンクは癒しや美容に効果があり、濃いピンクは華やかさや積極性を与えてくれます。恋愛成就なら淡いピンク、仕事などで成功したい時は濃いピンクを取り入れると良いでしょう。

女性ホルモンのバランスを整える

さらに、ピンクには女性ホルモンのバランスを整え、女らしさをアップさせる効果があるのだとか!色にそんな力があることに驚きです。これはぜひとも、積極的に取り入れていきたい・・・!
というわけで、次の章では、日々の暮らしに上手にピンクを取り入れる方法をご紹介いたします。

POINT

ピンクが持つパワー
・幸福感に満たされる
・恋愛・人間関係をサポートしてくれる
・女性らしさを演出してくれる
・色の濃さでも効果が変わるので臨機応変に
・女性ホルモンのバランスを整える

こんな感じで取り入れて!ピンクアイテムの活用法♪

ピンクが持つ驚くべきパワーをご紹介しましたが、実際に取り入れるにはどうしたらいいの?

実際のところ、洋服や小物で自らピンクを選ぶことがない方も多いかと思います。
かくいう私もその一人・・・「ピンクは嫌いじゃないけど、自分には似合わないかな」と思ったり。
そういった方でも、もちろん取り入れ方次第でピンクのパワーを味方につけることはできますよ♪
取り入れ方の一例をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

ファッションに取り入れる

最初に思いつくのは、やはり着るものに取り入れることではないでしょうか。トップスやボトムスをピンクにするのはちょっと・・・という方は、インナーのTシャツをピンクにしたり、小物の差し色として使ったりしても良いと思います。

ちなみに、個人的におすすめなのは下着です。外からは見えないですし、肌に直接着けるものなので、よりパワーを身近に感じられるかなと思います。

ファッションにも積極的にピンクを取り入れて、愛情運をパワーチャージ!下着に取り入れるのもおすすめです。

ステーショナリーに取り入れる

いつも持ち歩く手帳や、職場のデスクで使うボールペン、ファイルなどにピンクを取り入れるのも一つの方法です。
洋服と違って、小物なら取り入れやすいですよね♪パワーを感じるためにも、デスクなどの目につくところに置いておきましょう。

アクセサリーに取り入れる

ピアスやネックレス、ブレスレット、スカーフなどで、ピンクを取り入れてみましょう♪
特におすすめなのがパワーストーンのブレスレットです。ローズクオーツやピンクトルマリンなどのピンクの石のものを選ぶと良いでしょう。ファッションのワンポイントにもなりますよ。

お部屋のインテリアに取り入れる

身に着けるものにピンクを取り入れるのが難しいという方は、お部屋のインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう。クッションや床に敷くラグ、タオルなら大掛かりな模様替えをしなくても、印象を変えられて便利です。お早の中でも、特に寝室は眠ってパワーを蓄える場所。ピンクのファブリックで恋愛運や愛情運も一緒にチャージしちゃいましょう。

身に着けるものにピンクを取り入れるのが難しい場合は、インテリアに取り入れましょう。
POINT

ピンクアイテムの取り入れ方
・ファッションに取り入れる
・ステーショナリーに取り入れる
・アクセサリーに取り入れる
・お部屋のインテリアに取り入れる

元々ピンクが大好きな方も、そうでない方も、ピンクの持つパワーを味方にして損はありません。

今回ご紹介した方法を参考に、上手にピンクを取り入れて、ハッピーな毎日を送ってくださいね☆彡

>>[キャンディPlus(フレアタイプ)]の新色リッチピンクはこちら<<