夏は暑いもの!
・・・と思いがちですが、エアコンや冷たいものの食べすぎ、飲みすぎなどで「体の冷え」を感じる方も意外に多いはず。体が冷えると、血行不良や自律神経の不調など、様々な体調不良が出てきてしまうため注意が必要です。

夏だというのに冷えを感じる人は意外と多いのです。

というわけで今回は、体を冷やさない対策と、冷えに負けたくない時のお助けアイテムをご紹介してみます 。

夏の「冷え」はなぜ起こる?

屋外は灼熱の地だというのに体が冷えてしまう・・・そんな現象は一体どうして起こるのでしょうか?その理由を見てみると、この時期の体の冷えは、「外が暑いからこそ」起こりうるということが分かります。

夏の冷えの原因

夏に体が冷える主な原因には、以下のようなものが挙げられます。

・オフィスや家の中での冷房

あつ~い外から帰ってきて、冷房の効いた室内で「すずしい~!(*´ω`)」と、生き返った経験、皆さんもありますよね!最初のうちは快適ですが、汗をかいた体で長時間冷房に当たっていると、予想以上に体は冷えてしまいます。また、お外から帰って来なくとも、冷房が効いたオフィスでデスクワークをしていると、冷たい風に当たりっぱなしになって冷えを感じることも。冷房の風が直接当たる席などは要注意です。

・冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎ

ちょっと歩いただけでも汗がダラダラと流れてくるこの季節。冷たいジュースやビールを飲みすぎたり、口当たりの良いアイスクリームを食べすぎたりてしまいませんか?

アイスクリームは冷たくておいしいけれど、食べすぎは内臓をひやすもと。ほどほどに。

冷たい飲み物や食べ物は、内臓を冷やしてしまう原因になってしまいます。

暑い屋外でならまだしも、冷房の効いた室内で冷たいものを飲んだり食べたりすると、悪い意味でダブルパンチです(>_<)
冷たいものの暴飲暴食は避けましょう。

・体を動かさずじっとしている

冷房が効いたオフィスや自宅で体を動かさずにじっとしていると、ジワジワと冷えを感じるようになります。これは、様々な栄養と一緒に体温となる熱を運んでくれる血液の循環が悪くなるためです。

特に女性は、その熱を作り出す筋肉が男性よりも少ないために、冷えやすい傾向にあります。女性に冷え性が多いのも、このためです。

体が冷えるとどうなるの?

体が冷えると、様々な不調を感じるようになります。具体的には、以下のような症状が挙げられます。

・手足がいつも冷たくむくみやすい

・食欲がない

・お腹の調子が悪い(便秘・下痢)

・体がだるい

・頭痛や肩こりがひどくなる

・生理痛が重くなる

などなど。これらはいわゆる、冷えによる体の不調ですが、特に夏は、屋外が35℃越えの暑さなのに屋内は25℃という極端な温度差に体が晒されることも多いため、その分自律神経もダメージを受けやすくなります。

そういう意味からすると、冬の冷えよりも厄介かもしれません。

体の調子が悪いと、花火や盆踊りなどの夏のイベントもエンジョイできませんよね(>_<)
日頃から、夏の冷えに負けない対策をしておきましょう☆彡

やっておきたい夏の冷え対策

夏の冷え対策は、10℃前後の温度差を行ったり来たりする可能性があるため、服なら着脱しやすいもの、それ以外なら持ち歩きやすいもの、何らかの調節しやすいもの、などをポイントに選ぶと良いでしょう。

便利アイテムで冷えを解消

参考までに、あると便利な夏の冷え対策アイテムをご紹介しておきます!

・薄手のカーディガンなど、さっと羽織れるもの

外出先などで特に重宝するのが、薄手のカーディガンなどの羽織ものです。もちろん厚手でも良いのですが、持ち歩く点からすると、薄い方がコンパクトで便利です。袖を通さなくても、肩に掛けたり、腰に巻いたりもできるのでおすすめです。

・腹巻・靴下

オフィスなどで長時間デスクワークをする時は、定番として揃えておきたいアイテムです。腹巻はお腹や腰が冷えやすい人におすすめです。ちなみに、私の場合は特に足から冷えるタイプなので、夏場でもモコモコの靴下は必須です・・・やはり、あるとないとでは大違いです。靴下はカバンの中に入れてもかさばらないので、ストッキング派の方も持ち歩くと良いでしょう。

Pick UP
【3枚セット】EMワッフル腹巻き

商品ページはこちら

・締め付けない下着

冷え対策というよりも、冷えた体をケアするという意味で、ぜひおすすめしたいアイテムです。冷えるということは、つまり、体のめぐりが悪くなるということ。きつい下着で体のあちこちのめぐりをせき止めていては、ますます具合が悪くなってしまいます。締め付けないブラジャーやショーツで、夏のめぐりケアを心掛けてみてください♪

体を内側から温める食材で温活を

冷たい飲み物や食べ物ばかりだと、内臓も冷えて疲れてしまいます。そんな時は、体を温める食材で体の外側からだけでなく、内側からも温活をしていきましょう。

体を温める食材の一例

  • ショウガ
  • ネギ
  • かぼちゃ
  • ごぼう
  • トウガラシ

ショウガが体を温める食材だということは、ご存知の方も多いでしょう。料理に使うのはもちろん、すりおろしたものを少しだけ飲み物に入れて飲むのもおすすめです。ネギは薬味としてはもちろん、他の材料と一緒にお味噌汁やスープにしたりしていただくと◎

夏の冷え対策には、体を温めるショウガはおすすめです。


トウガラシは大量に摂りすぎると胃腸の負担になるので、量は調節してくださいね。

体に優しいお茶をホットでいただく

オフィスや自宅で、「冷えたかな?」と感じたら、温かい飲み物で、体の中から温チャージ。体に優しい素材を厳選した薬膳茶がおすすめです。シーピースの薬膳茶は4種類ありますが、その中でも冷え対策にぴったりのものをご紹介しておきます☆彡

バイタリティ(よもぎベース)~女子力UP~
口の中いっぱいに香りが広がるお茶なので、ホットでじっくり味わうのがおすすめ。身体・お腹がスッキリしない、むくみが気になる時に。また、冷えを感じる夜に飲んでいただくのも◎
原材料:ほうじ茶(日本)、よもぎ、なつめ、アンジェリカ、紅花

Pick UP
オリジナル健康ブレンド茶(薬膳茶)ティーバッグ8包入

商品ページはこちら

夏の冷えは、一人ひとりの感じ方や体質によっても対策が変わってきます。冷房に強い方や弱い方など、自分に合った方法で対策してみてくださいね。
冷え知らずの体で、盛りだくさんの夏のイベントをエンジョイしちゃいましょう☆彡