もうすぐ敬老の日。皆さんはもう、敬老の日のギフトはご用意しましたか?

ご自身のおじい様やおばあ様へ、また、お子さんがおられる方は「じいじとばあば」であるご両親へ。 年に一度の良い機会ですから、普段、なかなか伝えられない感謝の気持ちを、ぜひ伝えてみましょう。
無難なギフトも良いですが、ごく近しい存在であるご両親なら、健康のことを考えたものや趣味に生かせるものなど、一歩踏み込んだ「本当に喜んでくれるもの」もおすすめです。

近しい存在だからこそ、体のことを本当に考えたギフトを贈りたいものです。

実は、ふんどしパンツもそのひとつ。
「ふんどし屋さんだから、ふんどしパンツをすすめるんでしょ?」と思われそうですが、それだけじゃない、ちゃんとした理由があるのです!
というわけで今回は、ふんどしパンツを「お母様世代」にもおすすめする理由をご説明いたします。

女性の体は50代の閉経で大きく変わる

女性の体は、一生のうちに何回かの大きなターニングポイントを迎えます。初潮、妊娠、出産、などがその主なものですが、これらの変化には、女性ホルモンが大きく関わっています。女性ホルモンの分泌量のピークは20~30代。それ以降は徐々に減少していき、40代半ばから更年期の症状を感じ始め、50代で閉経を迎えます(個人差はあります)。今回、注目したいのは、この50代以降の体の変化について。

体の揺らぎを知り、上手に付き合いながら過ごすことが、人生を楽しむ秘訣です。

50代で感じやすい「体のゆらぎ」

閉経を迎ると女性ホルモンの分泌量は非常に少なくなるため、それまでに感じることのなかった「体の揺らぎ」を感じるようになります。それは例えば、以下のようなもの。

・お肌にかゆみを感じやすくなる
・お肌が乾燥しやすくなる 。
・少しの刺激でかぶれやすくなる 。
・肉質が変わり、服や下着などの締め付けが辛くなる 。
・髪のボリュームが減る、抜け毛が増える。
・尿漏れしやすくなる 。
・骨がもろくなる(骨粗しょう症) 。
・目が乾く(ドライアイ)、口の中が乾く(ドライマウス)

特に、女性ホルモンのエストロゲンは、お肌の細胞に働きかけてヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促し、ハリや潤いを作り出す役割があります。そのため、そのホルモンが少なくなった時に、潤いや乾燥にまつわる、さまざまなお肌のお悩みが出現するのです・・・

50代以降は、女性ホルモンの減少により、お肌の潤いにまつわるお悩みが出てくるようになります。

女性ホルモンによる体のゆらぎには個人差がありますが、ことさら、お肌に関するお悩みが増えてくるようです。これまで普通に着けていた下着にかゆみを感じたり、下着のゴムにかぶれたりする方も。
だから、50代以降の方には、できるだけお肌への刺激が少なく、優しい素材の下着をおすすめしたいのです。

POINT

お肌の乾燥を感じやすい50代以降の女性には、刺激が少なく優しい素材の下着がおすすめ。

50代女性の体にも優しい着け心地のふんどしパンツ

前置きが長くなりましたが、上のような理由もあり、「お母様世代」の下着選びには、着け心地と素材が重要なポイントになるのです(*´ω`)

よく、デパートやスーパーの下着売り場で、「ものすごく大きな」「綿素材の」「何となく淡い色合いの」「ゆるゆるのシルエット」の下着が売られているのを見かけますよね。若い頃は「おばさん臭い」と、見向きもしませんが、不思議なもので、歳を経ることに自然とそちらに目が行くようになるのです。下着選びの際に、重きを置くポイントが変わってくるのですね。

でも、注意して選んだ下着であっても、やはりゴムの締め付けからは逃れられません。日常的にかゆみを感てはいるものの、「履かないわけにもいかなし・・・」と悩んだりする方もおられるでしょう。

ふんどしパンツをおすすめする理由

そんな方におすすめしたいのが、ふんどしパンツなのです。
まず、足回りにゴムを使用していない、もしくは締め付けない構造での最小限の使用にとどめているため、ゴムの締め付けによるかゆみやかぶれが起こりません。また、オーガニックコットンや、スキンケア加工を施した生地など、お肌に優しい素材を厳選して使用しているので、デリケートなお肌の方にも使っていただけますよ。

おすすめ
スキンケア加工を施した生地を使用した
Jolie Lapin ジョリーラパン

商品ページはこちら

POINT

ふんどしパンツをおすすめする理由
ゴムをほとんど使用していないのでかゆみやかぶれが起こらない。
素材を厳選しているのでお肌に優しい。

ご両親の体のことを思いやれるのは、やっぱり娘(息子)である私達。
今回は詳しくご紹介できませんでしたが、もちろん男性にもふんどしギフトはおすすめです☆彡
ラッピング(有料)も承っていますので、敬老の日のギフトとしてチェックしてみてくださいね♪