こんにちは、MAKIです♪

 

夏休みが終わり、2週続きの連休も終わり、やっと通常の生活が戻ってくる!と、ホッとしているママも多いのではないでしょうか。

ホッとひと息ついたとき、自分のケアに目を向けてみませんか?

最近、私はふと鏡にうつる自分の髪が気になって仕方がありません。

なんだか以前よりもまとまりが悪く、艶がなくなったように感じます。

夏の紫外線や乾燥によって刺激を受けているのはお肌だけではありません。

髪の毛だって痛んでいるんですよね。

髪のダメージケア

IMG_6254

近年、髪のダメージにも注目は集まり、髪専用の日焼け止めスプレーなども発売されていますね。

美容院では必ず目にするようになりました。

髪質改善・維持のために美容院でのケアを受けることもひとつですが、なかなかそこまでは…という方も多いかと思います。

実際、私も髪質はなんとかしたいけれど、ケアの施術に頻繁に通うのは、時間的にも金銭的にも厳しい。

それに、お風呂上りも子どものことを優先して時間をとるので、自然乾燥の日もあるくらい。そんな私が…と、気後れする部分もあります(*_*;

そんな方のため、自宅でできる、日々のケアを紹介します♪

食事

お肌でもなんでも、「カラダの改善」となると、やはり内側からのケアが大切になります。

中でも食事は全身の栄養分になるため、ちょっとした心掛けで髪の状態も良くなります。

改善目的によって必要な栄養はかわってきますが、髪質のために必要な栄養分は主に3つと言われます。

①タンパク質

髪の主成分はタンパク質だそうで、タンパク質の補給を怠らないことが大切なんです。

たんぱく質は髪だけでなく、身体にとっても大切なもの。

ではどれくらいのタンパク質を補給すればいいのでしょうか?

専門家によると、1日に摂取したいタンパク質の量は「体重×1g」だと言います。

体重50kgの場合、「50×1g」で、50gです。

毎回の食事にタンパク質の多い食材をプラスすることで、摂取するのに難しい量ではありません。意識していきたいところですね。

どんなに外側からのケアを頑張っても、髪の原料であるタンパク質が不足していれば良い髪はつくられません。
タンパク質を多く含む食材は過去にも紹介していますが、鶏肉、魚、卵、豆などがあります。

②脂質

続いて大切だと言われるのは脂質です。

髪の毛の成長には、女性ホルモンの働きが大切になります。そして、その女性ホルモンを作り出すのに重要なのが「脂質」なのです。

脂質と聞くと、女性には抵抗感があるかもしれませんが、無理なダイエットで脂質を控えてしまうと、髪まで痩せ細ってしまいます。

実は脂質は肥満にほとんど影響を与えません。ですから、美しい髪を手に入れるためにも、適度な摂取を心掛けたいですね。

脂質は、オリーブ油やえごま油、バターなどに多く含まれます。調理の味付けにも使えるものなので、意識することで手軽に取り入れることができますよ♪

③ミネラル

IMG_9178

髪の構成成分として、上記したタンパク質が80%~90%を占めています。

そして、残りの10%〜20%はミネラル。銅、亜鉛、セレニウムなどのミネラル成分で構成されているので、とても大切な成分なのです。

ミネラルと聞いて思い浮かぶのは…塩?…ミネラル麦茶?(笑)

知識がなさすぎるので、調べてみました!

そこで気になったのが、ココアです。

これから寒くなる季節にピッタリの飲み物。夏場はアイスココアを楽しまれる方も多いですね。

実はココアには、タンパク質と脂質以外の髪に必要な栄養素が揃って含まれているんだそうで、髪にとってはこれ以上ない飲み物なんです!

というのも、ココアの主成分のカカオ豆には、髪に必要なミネラル成分である亜鉛、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、そして銅も豊富に含まれています。

ココアはカフェインの含有量が少ないので、妊娠中の方やお子さまの飲み物としても良いですね♪もちろんリラックスタイムのお供にも。

 

何か暖まるものが飲みたいな、と思ったときにぜひ思い出して頂きたいです。

美しさは髪から

IMG_4841

「美しい女性」「若々しい女性」「しなやかな女性」「艶っぽい女性」・・・

などなど、「あの人綺麗だな」と思う方は皆、髪が綺麗です。

髪にハリ艶があり、ふわっと空気を含んでいる。そんな髪に憧れます。

メイクや洋服のコーディネートではごまかすことのできない美しさを、髪は演出してくれるんです。

・毎朝髪を100回ブラッシングする

・髪を洗う前に1~2分マッサージをしながらお湯洗いを行う

・シャンプーリンスの洗い残しを無くす

・お風呂から出たらすぐに髪を完全に乾かす

・目指す髪に合わせた洗浄剤を選ぶ

など、様々なケア方法があります。自分に出来る、自分に合った方法を見つけて実践していきましょう。

内外ともに意識を高めて、冬の乾燥にも負けない綺麗な髪を目指したいですね♪