巷のニュースやネット記事でよく見かける「特許」という言葉。何となくすごいな、という印象を持つものの、実際はどういったものなのか知っている人は少ないかもしれません。
実はシーピースも、サニタリーふんどしパンツ[キャンディムーン]において、先日、特許を取得いたしました。
今回は、そんな特許について、少しだけお話ししてみたいと思います。

サニタリーふんどしパンツ[キャンディムーン]において、先日、特許を取得いたしました。 
今回は、そんな特許について、少しだけお話ししてみたいと思います。

ニュースでもよく聞く「特許」って何?

特許とは、簡単に言ってしまうと「発明」を保護するための制度のことです。さらに言うならば(ちょっと難しいですが)、発明をした者に対して、一定期間、特許権という独占的な権利を与えて発明の保護をしながら、一方ではその発明を公開して利用を図ることで技術の進歩を促進し、産業の発達に寄与しようというものです。

・・・どういう意味??

となってしまいそうなので、例を挙げてみま~す(・∀・)ノ

特許権が無いとAさんの発明はどうなる?

特許権とは、発明をした者に対して、一定期間、特許権という独占的な権利を与えて発明の保護をしながら、一方ではその発明を公開して利用を図ることで技術の進歩を促進し、産業の発達に寄与しようというものです。

例えばAさんが、ものすごく画期的な発明をしたとします。

発明というものは、結果として何かしらのモノになることが多いですが、その最も主たる部分は、そこに至るまでの目には見えない思想やアイデアです。目に見えないものは「自分のものだ」という証明がしにくいうえに、他人に盗まれてしまう可能性がありますから、権利が保護されなければ、Aさんは発明が盗まれることを恐れてそれを隠そうとするでしょう。画期的な発明なので活用したいけれども、盗用が怖くて活用できないということになってしまいます。さらに、Aさんが発明を隠すことで、BさんがAさんと同じものを発明しようとして、無駄な研究や投資をすることになるかもしれません(すでに発明されていることを知らないために、二度手間になる)。

そうなってしまうと、産業界全体においてマイナスなので、発明者に対して、国が特許権という独占権を与えて保護するわけです(もちろん、勝手に与えられるわけではなく、発明者が出願して審査をクリアしたのちに与えられる)。

特許権を取得したらAさんはどうなる?

特許権を取得すると、発明者は、その発明を20年間は「私が発明したものです!」と、独占的に利用できるようになります。

特許権を取得すると、Aさんはその発明を20年間は「私が発明したものです!」と、独占的に利用できるようになります。発明の技術内容は公開されますが、他の人は20年間は使用することはできません。ただ、技術内容を知ることが出来るため、同じものを発明しようとしていたBさんは無駄な研究や投資をすることはなくなります。他の分野の新たな発明に投資して、産業界に別の発明で貢献することが可能になるわけです。

POINT

特許について

・特許とは「発明」を保護するための制度。
・特許権を取得すると20年間その発明の利用を独占できる。
・特許を取得した発明の技術は公開される。

[キャンディムーン]の特許について

特許とは何か、については上で説明しましたが、今度は、サニタリーふんどしショーツ[キャンディムーン]の特許について。特許の内容を全てお話すると、とても難しくなってしまいますので、簡単にご説明いたします。

特殊構造で特許を取得

[キャンディムーン]はこれまでのサニタリーショーツの課題を解決する特殊構造により特許を取得しました。

[キャンディムーン]と一般的なサニタリーショーツとの違いは、何といってもその構造です。見てお分かりの通り、ショーツの形で滑らかな肌触りをした外側の布と、柔らかくて通気性・伸縮性が良い内側の布からできています(*´ω`)ノ
しかし、これらの布は、ただペタッと2枚が合わさっているわけではありません。
ふんどしパンツのような、鼠径部を締め付けない解放的な履き心地と、ナプキンを体に添わせ、ズレたり漏れたりせずに経血を吸収するホールド力。
これらの、一見矛盾するような課題を両立させるため、厳選した素材たちが、試行錯誤の末に見つけ出した絶妙なバランスで縫い合わせられているのです・・・!

その構造が、これまでのサニタリーショーツにはない特殊なものであり、課題を解決する画期的な「発明」と認められたため、特許を取得することができたわけなのです。

今までのサニタリーショーツにない履き心地

[キャンディムーン]には、鼠径部を締め付ける脚ぐりのゴムはありません。そのため、今までのサニタリーショーツにない、快適な履き心地を体感することができます。

一般的なサニタリーショーツの中には、ナプキンの羽根を折り込むためにクロッチ部分が二重になっているものがあり、パッと見た感じでは、[キャンディムーン]と似ているものもあります。
しかし、[キャンディムーン]には、それらに当たり前のように縫い込まれている、鼠径部を締め付ける脚ぐりのゴムはありません。根本的にコンセプトや構造が違っているのです。そして、そのゴムがないために、今までのサニタリーショーツにない、快適な履き心地を体感することができます。初めて着用した時、「こんなに楽なの!?」と驚くレベルです(私の個人談ではありますが)。

POINT

[キャンディムーン]の特許について

・特殊構造で特許を取得。
・解放的なのにフィットするこれまでにない履き心地を実現。

締め付けがないことで血流が良くなり、むくみや冷え、生理のお悩みが解消したという方もおられます。生理痛がひどい方には、とにかく一度試していただきたい、おすすめのアイテムですよ。
少しでも興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ
締め付けないサニタリーショーツ[キャンディムーン]

商品ページはこちら