日が沈むと急に冷え込むので、暖房をつけようかどうしようか悩むこの頃・・・
「ええい、寒い日は、早く布団に入って寝てしまえ!」と、布団にもぐり込んだものの、足先が冷たかったり、何となく全身寒かったりで眠れないことはありませんか?
かといって、暖房をガンガンにかけてしまうと、朝起きた時に喉が痛くなったり、布団から飛び出してしまって、結局風邪をひいてしまったりすることも・・・できることなら、体に負担をかけずに、自然な感じで眠りにつきたいものですね。
というわけで今回は、寒いこの時期に安眠するための、ちょっとしたコツをご紹介いたします♪

今回は、寒いこの時期に安眠するための、ちょっとしたコツをご紹介いたします♪

知っておきたい眠りのメカニズム

人は、活発に活動する日中は体温が上昇していますが、夜眠る時、体内の深部の温度を下げることで、「眠る準備」を行うと言われています。その準備というのが、手や足の抹消の血管を拡張させて血流の量を増やし、体にたまった熱を放出することなのですが、この時の体温の変動によって眠気を感じる仕組みになっているのだそう。

「赤ちゃんが眠る時に、手足が温かくなる」、という話を聞いたことはありませんか?それがまさにこの仕組みであり、そして、それと同じことが、実は私達の体にも毎日起こっているのです。
ただ、大人の場合は、体の冷えやストレスなどによって、うまく熱を発散できないことがあります。特に、体が冷えてしまっている場合は、日中も体温が上がらないので、夜の熱の放出が行われにくく、「眠る準備」ができないために寝つきが悪くなってしまうのです。

体が冷えてしまっている場合は、日中も体温が上がらないので、夜の熱の放出が行われにくく、「眠る準備」ができないために寝つきが悪くなってしまいます。

スムーズに眠りにつくためには、体の深部の温度を上手に下げることが大切なのです。

POINT

スムーズな眠りにつくためには、体の深部の温度を上手に下げる。

寒い季節に安眠するコツは?

寒い季節に安眠するコツは、上でもお伝えしたとおり、体の深部の温度を上手に下げることです。じゃあ、それって具体的にどうやって?というギモンには、今からしっかりお答えしていきますね・・・!イメージとしては、「眠る時間に合わせて日々のルーティンを行っていく」という感じです。

夕食は、就寝の3時間前くらいまでに済ませる。

食事をすると、胃腸が活発に動いて、血流がそちらの方にとられてしまいます。そのため、眠りのスイッチが入りにくくなってしまうので、夕食は就寝の3時間くらい前までに済ませるようにしましょう。
また、食事の時に、体を温める食べ物(ショウガなど)を摂ると効果的です。

眠りのスイッチを入れるために、夕食は就寝の3時間くらい前までに済ませるようにしましょう。

お風呂は就寝の1~2時間前にぬるめのお湯で。

お風呂に入るタイミングは、安眠するためにはとても重要です。お風呂で温めた体が熱を放出し、体の深部の温度を下げてくれるようになるのにちょうど良いタイミングが、就寝の1~2時間前だと言われています。お湯の温度は、ぬるめの38~40℃くらいがおすすめです。就寝の直前だと、逆に寝つきが悪くなってしまうので気をつけましょう。

就寝の30分前に首や手足、目などを温める。

お風呂でポカポカしている人は必要ないかもしれませんが、シャワーで済ませてしまった人や、何だか体が冷えてしまっている人は、首や手足など、血管が多く集まっている部分を温めてみましょう。これは、熱の放出を促すことで、体内の深部の温度を下げ、スムーズな眠りを促すためです。また、目を温めることで、リラックスを司る副交感神経が優位になり、眠気を感じやすくなると言われています。いずれも、心地良いと思える状態で行ってみてくださいね。

お風呂をシャワーで済ませてしまった人や、体が冷えてしまっている人は、首や手足など、血管が多く集まっている部分を温めてみましょう。

体に優しいパジャマを選ぶ。

寒い日に限ったことではありませんが、安眠するためには、着ている服も大切です。締め付けがきついもの、肌に合わない素材のもの、ボタンや何かのパーツなどがゴツゴツと肌に当たるものは、寝ている間もリラックスできません。スウェットなどで眠る人も多いと思いますが、眠る時におすすめなのは、締め付けがなく、眠るための工夫がこらされたパジャマです。

シーピースにも、心地よい眠りのための工夫が凝らされたパジャマをご用意しています。

おすすめ
和晒ガーゼパジャマ『panema』

商品ページはこちら

睡眠時のストレスを少しでも減らしたい方、眠りの質を上げたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

POINT

寒い季節に安眠するコツ
・就寝3時間前くらいまでに夕食を済ませる。
・就寝1~2時間前にお風呂に入る(ぬるめのお湯で)。
・就寝の30分前くらいに、首や手足などを温める。
・体を締め付けないパジャマを選ぶ。

一日中頑張った体、どうせなら布団の中でブルブル震えずに、スムーズに眠りたいものです。
今回ご紹介したコツは、どれも実践しやすいものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね☆彡

\新規会員登録で500円分クーポンプレゼント!/
>>会員登録はこちら<<