大掃除や年末年始の準備など、何かと忙しい師走ですが、この時期にぜひやっておきたいのが下着の整理。タンスの中に眠っている、「何となく、ずっと使っていない下着」を整理して、気持ちよく新年を迎えましょう☆彡今回は、残す下着、捨てる下着の見分け方や、古くなった下着の処分の仕方をご紹介しておきます。

今回は、残す下着、捨てる下着の見分け方や、古くなった下着の処分の仕方をご紹介しておきます。

残す下着、捨てる下着の見分け方

残す下着と処分する下着の見分け方ですが、おおよそ、下着の寿命は、週に2回着用して約1年(100回程度の使用回数)言われています。ショーツはもう少し劣化が早く、約70日と言われていますが、いずれも、素材や使用環境によって異なります。具体的な処分の目安は、以下のようなものとなります。

ブラジャーの場合

・ワイヤーが歪んでいる

平らな机などにブラジャーを置き、ワイヤーが浮き上がってきちんと接していない場合は、ワイヤーが歪んでいる可能性があります。バストにも悪影響を及ぼしますので、処分しましょう。

・カップの形が崩れている

丸みのあるカップ形状のブラジャーの場合は、カップがへこんだり、ゆがんだりしているものは処分しましょう。

丸みのあるカップ形状のブラジャーの場合は、カップがへこんだり、ゆがんだりしているものは処分しましょう。

・肩紐がずれてくる

きちんと調節しているのに肩紐がずれてくる場合は、肩紐が伸びてしまっている可能性があるので、買い替えを検討しましょう。

・アンダー部分がゆるくなった

新品だった頃よりも、ブラジャーがゆるくなったと感じたら、アンダー部分の生地が伸びてしまっている可能性があります。バストを支える機能が半減してしまいますので、処分しましょう。

・レースのほつれ、生地の傷み

レースがほつれてきた、生地が薄くなってきた、など、「見た目が何だか古びてきた」という場合も、買い替え時です。レースを多く使用しているLacyソフトブラなどは、こちらを目安にしてみてください。

レースがほつれてきた、生地が薄くなってきた、など、「見た目が何だか古びてきた」という場合も、買い替え時です。

ショーツの場合

・ゴムが伸びてきた

ウエストや足ぐりのゴムがヨレヨレになり伸びてきたら、それはもうショーツの寿命です。ふんどしパンツの場合は足ぐりにゴムを使用していませんが、買った当初よりも、ウエストや足ぐりの部分が伸びてきたと感じたら、買い替えを検討しましょう。

・汚れ・ニオイ

ショーツはブラジャーよりも汚れやすいため、黄ばみや血液の汚れが目立ってくる場合があります。また、雑菌が繁殖しやすいため、洗濯していてもニオイが出る場合もありますが、これらを見つけたら処分しましょう。

・レースのほつれ、生地の傷み

ブラジャーと同じく、レースがほつれてきた、生地が薄くなってきた、など、生地に古さを感じてきたら買い替え時です。

POINT
下着を捨てる目安

・ブラジャー
ワイヤーの歪み、カップの型崩れ、肩紐のずれ、アンダー部分がゆるい、レースや生地の傷み
・ショーツ
ゴムが伸びてきた、汚れ・ニオイ、レースや生地の傷み

下着の処分の仕方

下着の処分方法ですが、まずは、下着にどのような素材が使われているのかを確認します。特に、ブラジャーには、ワイヤーやホック、ストラップ調節金具(プラスチックの場合も)など、布以外のものが結構使われています。分別基準が厳しくない地域は神経質にならなくても大丈夫ですが、地域によっては、処分対象のものが混ざっていると回収してくれず、下着とばれた上にそのゴミを持ち帰らなくてはいけないという大変恥ずかしい思いをする場合もありますので気をつけましょう(>_<)

ブラジャーの場合は、上で述べた通りワイヤーなどのパーツを分け、布部分は切り刻んで燃えるゴミで処分します。ワイヤーは、ハサミなどで切込みを入れて取り出します。フック(ホックとも言います)はリッパー(二股になっている糸切り用の裁縫道具)などで取り外しましょう。こちらは、ズボンやスカートのフックに再利用できるので、とっておいてもいいでしょう。

ブラジャーを捨てる時は、フック(ホックとも言います)はリッパー(二股になっている糸切り用の裁縫道具)などで取り外しましょう。こちらは、ズボンやスカートのフックに再利用できるので、とっておいてもいいでしょう。

ショーツの場合は、細かく切り刻んで燃えるゴミとして処分します。そのままの形でも問題ありませんが、半透明のゴミ袋を使う場合が多いため(名前を書く地域もあります!)、見えた時のことを考えて、形を分からなくしておいた方が良いでしょう。中身が見えない袋を使える場合は、その中に入れても構いません。

大量の場合は、「古着・古布」などの別の収集日で出さないといけない場合もありますので、お住まいの地域の分別情報を確認してくださいね。

POINT
下着の処分方法

・ブラジャー
ワイヤーやフックを取り外し、それぞれの収集日に出す。布部分は細かく切り刻み、燃えるゴミに出す。 住んでいる地域の分別方法を確認したうえで、必要があればパーツを分け、適した分別で処分する。
・ショーツ
布部分は細かく切り刻み、燃えるゴミに出す。

取り外したり切り刻んだりと、意外に面倒な下着の処分方法。日々こまめに整理ができればいいのですが、やっぱり忘れがちですよね。そんな時は、「衣替えの時にやる!」「年末の大掃除で一緒にやる!」などと決めておけば、定期的に整理できますよ♪

下着の整理は「衣替えの時にやる!」「年末の大掃除で一緒にやる!」などと決めておけば、定期的に整理できますよ♪

そして、残った下着たちを見ながら、次に買い足す下着を決めていきましょう。毎年この時期に整理&下着の買い足しをすれば、ちょうど新年から新しい下着で過ごすことができるのでおすすめですよ☆彡

\新しい下着購入はこちらからどうぞ/