明けましておめでとうございます☆彡

2021年がスタートしました!昨年は、ご存知のように世界中がコロナに悩まされた年でもありました。
引き続き、猛威を振るっているコロナではありますが、そんな中にあっても、笑顔と人を思いやる心を忘れずに過ごしたいものですね。
シーピースも、皆さまの体を思いやる下着、心地良い安らぎをお届けできるよう、精進してまいります。
今年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。
さて、今回は、毎年恒例となりつつある、お正月ならではのお話を少しだけしたいと思います(・∀・)

今回は、毎年恒例となりつつある、お正月ならではのお話を少しだけしたいと思います(・∀・)

2021は「辛丑(かのと・うし)」の年!

ご存知のように、今年は丑年(うしどし)!

ね、うし、とら、う・・・というおなじみの動物たちの順番は、一般的に「十二支(じゅうにし)」、「干支(えと)」と呼ばれますが、厳密にはこれらは別のものです。その違いについては、昨年のこちらの記事でご説明していますが、結論としては、今年は「辛丑(かのと・うし)」の年になります。

今年は「辛丑(かのと・うし)」

2021年は丑年の中でも「辛丑(かのと・うし)」の年になります。

それでは、辛丑(かのと・うし)とは、一体どんな年なのでしょうか、簡単にご説明してみます(・∀・)

「辛」とは、刺青をする針を表した象形文字で、そのため、つらい、からいなど、身体的な痛みを表す言葉として用いられたもの。「草木が枯れ、新しくなろうとしている状態」であり、ゆっくりと衰退していく中で、「つらい、からいがある状態」なのだそうです。

また、「丑」は、手の指に力を込めて曲げた形を表した象形文字。作業の準備段階の意味を表す「はじめ」、という意味を含むため、「発芽直前の曲がった芽が種子の硬い殻を破ろうとしている状態」、「種から芽が出ようとする状態」を表すようになりました。

枯れた分だけ大きく芽吹く年

これらが合わさった「辛丑(かのと・うし)」という年は、「終わると同時に始まる」という、「転換」の意味合いを持つ年になのだそう。また、陰陽五行思想では、「辛」と「丑」は「土生金」と呼ばれる「相生」の関係にあるため、(「辛」が金、「丑」が土)、お互いの要素を強め合う効果をもたらします。

つまり、痛みを伴う衰退・終わりを迎えることになるが、その痛み・辛さが大きければそれだけ、始まりのエネルギーも増大する、大きな芽吹きになる、というような意味合いになります。

2021年は、痛みを伴う衰退・終わりを迎えることになるが、その痛み・辛さが大きければそれだけ、始まりのエネルギーも増大する、大きな芽吹きになる、というような意味合いの年になります。

昨年は、世界中が大きな困難に見舞われた年でしたが、これを聞くと、何だか希望が湧いてきますね・・・!

POINT

・2021年は「辛丑(かのと・うし)」。
・「転換」がキーワードになる年。

シーピースの2021年は・・・!

先週の記事でもご紹介しましたが、昨年は沢山のことにチャレンジさせていただいた年でした。
もちろん、今年も!皆さまの体と心に寄り添う商品をお届けできるよう、頑張ります。
また今年は、商品だけではなく、体と心にピピっと来る、お役立ち情報をお届けすることにも注力していきたいと思っています。

YouTubeチャンネルや、インスタグラムなどで、商品の耳寄り情報や、体に嬉しい豆知識などをお届けしていきますので、ぜひご覧になってくださいね。
というわけで、長くなりましたが、2021年もシーピースをよろしくお願いいたします。

\シーピース 2021新春福袋を販売中!/