【年末年始休業のお知らせ】 誠に勝手ながら12月29日(火)~1月4日(月)を年末年始休業とさせて頂きます。
尚ご注文は24時間承っております。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

冬のあったか特集

イメージ画像

〈 増える低体温 〉

低体温は、免疫を下げ様々な病気の引き金にもなります。特に婦人科系の疾患は低体温の影響が大きいとも言われています。 今、“低体温”の女性がとても増えているんです。

〈 なぜ“温活”? 〉

理想の体温( 36.5℃~37℃ )に維持することで、血行が良くなり免疫も高まります。 その結果、病気にかかりにくなったり、質の高い睡眠がとれるようになったり、代謝が良くなりカロリーも消費しやすくなります。もちろん美肌にも効果があります。

イメージ画像

シルクシリーズ

シルクの持つ保温性としっとりなめらかな質感が デリケートな冬の素肌を優しく包みます。
シルクは化学繊維と比べ保水量が高い為帯電しにくく、静電気が発生しづらいのも特徴。
シルクは冬のインナーにぴったりの天然繊維なんです。

イメージ画像

からだが巡る「締め付けないショーツ」

鼠蹊部(そけいぶ)、というのは足の付け根の部分。 脚ぐりの部分のことを言います。(この部分にゴムなどの締め付けがあると、血の巡りが悪くなり代謝が落ち、体が冷えると言われています。)
Sheepeaceのショーツは体を本来の状態に戻すための “デイリーケア”をしてくれます。

イメージ画像

じんわり温かい「布ナプキン」

使い捨てナプキンに使用されている「吸収体」は、冷却材や熱吸収シートと同じ素材から作られているものであり、身体を冷やす大きな原因になるともいわれています。
体にも環境にも優しい天然繊維の布ナプキンは、つけているとじんわり身体を温めてくれます。血流を妨げないサニタリーショーツ「キャンディムーン」とあわせてどうぞ。